クリトリスローター

結婚して5年でようやく第一子を授かりました。妻と喜び、妻の体のことも気にかけより仕事も頑張ろうと思いました。悪阻がひどい妻に変わって料理をしたり、洗濯したり自分ができる範囲の事はしています。そのせいか妻にはいつもありがとうと言われます。そして、妊娠して5ヶ月ぐらいになると妻の悪阻も徐々に収まり、少しずつ家事ができるようになっていましたが、それでも無理してはいけないと思い出来る限り協力をしていました。しかし、一つだけ我慢ができないことがあります。それは性欲でした。これだけはどうしても我慢できず、1人で隠れてやるようにしています。本当は妻とやりたいけれど、そんな事は言えない。だからトイレや風呂場で隠れてやっていました。
クリ 拷問

そんなある日、妻が突然「妊娠してない時は毎週のようにHしてたじゃん。今我慢してるでしょう。今日なら体調大丈夫だし久しぶりにどうかな。」妻の優しさが嬉しかったけれどやはり、お腹の子供に良くないと思い断りました。すると妻がある物を渡しました。見るとクリトリスローター。「私だって我慢してるだよ。でも、あなたの事だからやらないかなって言うかと思ってクリトリスローター買っちゃった。これでもやらない。」「しかし。」そう言っている間に妻は私のズボンを下ろし突然私のモノを触りだしました。「久しぶりに食べてあげる。」そう言って舐め出す妻。久しぶりのせいかすぐにイキそうになる私。「我慢しないで、全部口で受け止めてあげる。」もう、私の理性はとびクリトリスローターも使いながら楽しみました。
クリトリス調教
サティスファイヤ